従来は家主に不利

「リロケーション」とは、転勤などで生じる留守宅を賃貸することです。従来の借家権では家主側が契約満了で元の自宅に住みたいと思っても、正当事由がない限りは契約更新を拒絶することは出来ず、自動的に更新してしまうという不利益がありました。定期借家権では、転勤者が期限付きで自宅を賃貸住宅に変えることが可能となりました。借主側にとっては、5年定期の借家を契約すると、5年後の更新は家主の同意がないとできませんが、2年毎の更新料がいらないというメリットもあります。これは新しい賃貸物件として注目されてきています。現在ではリロケーションを仲介する専門的な会社もあり、リロケーション市場も拡大しています。

リロケーションは最近になって浸透してきたものといえます。リロケーション自体は昔から存在していたものの、不動産業界でのリロケーションの歴史は浅いことがうかがえます。リロケーションの歴史上で大きいのが大規模な法改正です。特に定期借家権の導入が大きく関係しています。定期借家権によって、一般の転勤者などでも期限を付けて自宅を貸せるようになりました。ではリロケーションのメリットとしてどのようなものがあるかみていきましょう。